高収入求人

リンクサイト3 リンクブログ
HOME> リンクサイト4>

MESSAGE

高収入求人のリンクサイトのページ2です。

リンクサイト2

消費者金融一覧

消費者金融一覧
消費者金融の一覧ホームページです

消費者金融(しょうひしゃきんゆう、英: Consumer lending)とは、消費者信用のうち、個人への金銭の貸付け(小口融資)のこと。また、貸金業業者、特に一般の個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業の業態を指すことがある。

利息制限法 一条(利息の制限)
金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 元本の額が十万円未満の場合 年二割
二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

消費者金融紹介

消費者金融紹介
消費者金融の紹介をしているホームページです

貸金業者は、貸金業法(第3条)に基づいて、二以上の都道府県の区域内に営業所又は事務所を設置する場合は内閣総理大臣(財務局)の、一の都道府県の区域内の場合は都道府県知事の登録を受けなければならない。無登録で営業している闇金融は貸付けそのものが違法行為として処罰の対象となる。

利息制限法 二条(利息の天引き)
利息の天引きをした場合において、天引き額が政務者の受領額を元本として前条に規定する利率により、計算した金額を超えるときは、その超過部分は、元本の支払に充てたものとみなす。

消費者金融口コミ

消費者金融口コミ
消費者金融の口コミを投稿することができる掲示板など

銀行系消費者金融とは、主にサラリーマンや公務員など継続的に安定収入のある人物を対象としているが、銀行本体のカードローンでは収入などの属性で借入が難しい人物で、専業会社で借りるには(専業会社から見て)高属性の人物であるといった、銀行ローンと専業の中間クラスのような層が対象である。

利息制限法 三条(みなし利息)
前二条の規定の適用については、金銭を目的とする消貸借に関し債権者の受ける元本以外の金銭は、礼金、割引金、手数料、調査料、その他いかなる名義をもってするかをとわず、利息とみなす。ただし、契約の締結及び債務の弁済の費用は、この限りでない。

消費者金融書き込み

消費者金融書き込み
消費者金融の書き込みを投稿することができる掲示板などです。

消費者信用(しょうひしゃしんよう)とは、消費者(個人)の収入等を勘案して行われる信用の供与、またはこれに基づいて行われるサービスである。 その起源は小売業者による掛売に求めることができる。

利息制限法 四条(賠償額の予定の制限)
一項
金銭を目的とする消費貸借上の債務の不履行による賠償額の予定は、その賠償額の元本に対する割合が第一条に規定する率の一・四六倍を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
二項
前項の規定の適用については、違約金は、賠償額の予定とみなす。

消費者金融評判

消費者金融評判
消費者金融の評判を投稿することができる掲示板などです。

信販会社(しんぱんがいしゃ)とは、販売信用を主な事業とする会社であり、俗に言うクレジット屋である。販売信用を営む会社には、小売などの業務を営むものも含まれるが、信販会社は販売信用をメインとするものを指す。

利息制限法 五条(元本額の特則)
次の各号に掲げる利息に関する第一条の規定の適用については、当該各号に定める額を同条に規定する元本の額とみなす。
一 営業的金銭消費貸借(債権者が業として行う金銭を目的とする消費貸借をいう。以下同じ。)上の債務を現に負担している債務者が同一の債権者から重ねて営業的金銭消費貸借による貸付を受けた場合における当該貸付けに係る営業的金銭消費貸借上の利息、当該既に負担している債務の残元本の額と当該貸付を受けた元本の額との合計額
二 債務者が同一の債権者から同時に二年以上の営業的金銭消費貸借による貸付けを受けた場合におけるそれぞれの貸付けに係る営業的金銭消費貸借上の利息、当該二年以上の貸付けを受けた元本の合計額

消費者金融ブラック

消費者金融ブラック
ブラックの方でも比較的借りやすい消費者金融の紹介をしています。

約束手形(やくそくてがた)とは、振出人が、受取人またはその指図人もしくは手形所持人に対し、一定の期日に一定の金額を支払うことを約束する有価証券のことである。

利息制限法 六条(みなし利息の特則)
一項
営業的金銭消費貸借に関し債権者の受ける元本以外の金銭のうち、金銭の貸付け及び弁済に用いるため債務者に交付されたカードの再発行の手数料その他の債務者の要請により債権者が行う事務の費用として政令で定めるものについては、第三条本文の規定は、適用しない。
二項
営業的金銭消費貸借においては、次に掲げる契約の締結及び債務の弁済の費用に限り、第三条ただし書の規定の適用があるものとする。
一 公租公課の支払に充てられるべきもの
二 強制執行の費用、担保権の実行としての販売の手続の費用その他公の機関に支払うべきもの
三 債務者が金銭の受領又は弁済のために利用する現金自動支払機その他の利用料(政令で定める額の範囲内のものに限る。)

消費者金融の紹介

消費者金融の紹介
消費者金融の紹介をしています。

為替手形(かわせてがた)とは、手形の振出人(発行者)が、第三者(支払人)に委託し、受取人またはその指図人に対して一定の金額を支払ってもらう形式の有価証券のことである。

利息制限法 七条(賠償額の予定の特則)
一項
第四条第一項の規定にかかわらず、営業的金銭消費貸借上の債務の不履行による賠償額の予定は、その賠償額の元本に対する場合が年二割を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
二項
第四条第二項の規定は、前項の賠償額の予定について準用する。

消費者金融の一覧

消費者金融の一覧
消費者金融の一覧です。

融資(ゆうし、英語: loan)とは、資金を融通すること。つまりお金を必要とする者に貸すこと。特に消費者金融などを中心として片仮名でローンとも呼ばれる。

利息制限法 八条(保証料の制限等)
一項

営業的金銭消費貸借との債務を主たる債務を主たる債務とする保証(業として行うものに限る。以下同じ。)がされた場合における保証料(主たる債務者が支払うものに限る。以下同じ。)の契約は、その保証料が当該主たる債務の元本に係る法定上限額(第一条及び第五条の規定の例により計算した金額をいう。以下同じ。)から当該主たる債務について支払うべき利息の額を減じて得た金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
二項
前項の規定にかかわらず、同項の主たる債務について支払うべき利息が利息の契約後変動し得る利率(以下「変動利率」という。)をもって定められている場合における保証料の契約は、その保証料が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 保証契約の時に債権者と保証人の合意にとり債権者が主たる債務者から支払を受けることができる利息の利率の上限(以下「特約上限利率」という。)の定めをし、かつ、債権者又は保証人が主たる債務者に当該定めを通知した場合 法定上限額から特約上限利率により計算した利息の金額(以下「特約上限利息額」という。)を減じて得た金額
二 前号に掲げる場合以外の場合 法定上限額の二分の一の金額
三項
第一項の保証が担保証(一定の範囲に属する不特定の債務を主たる債務とする保証をいう。以下同じ。)である場合における前二項の法廷上限額は、その保証料が主たる債務の元本に対する割合をもって定められている場合を除き、保証契約の時に現に存する主たる債務の元本に係る法定上限額とする。
四項
前二項の規定にかかわらず、第一項の保証が元本極度額(保証人が履行の責任を負うべき主たる債務の元本の上限の額をいう。以下同じ。)及び元本確定日(根保証契約において主たる債務の元本の確定すべき期日(確定日に限る。)をいう。以下同じ。)の定めがある担保保証であって、主たる債務者が個人(保証の業務に関して行政機関の監督を受ける者として政令で定める者が保証人である場合に限る。)又は法人であるときは、債権者が法令の規定により業として貸付けを行うことができない者である場合を除き、保証人は、次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める金額の範囲内で、保証料の支払を受けることができる。
一 第二項第一号に掲げる場合 元本極度額を主たる債務の元本の額、元本確定期日を弁済期とみなして計算した法定上限額から元本極度額を主たる債務の元本の額、元本確定期日を弁済期とみなして計算した特約上限利息額を減じて得た金額
二 前号に掲げる場合以外の場合 同号の法定上限額の二分の一の金額
五項
前項の規定は、保証人が保証契約の時に債権者に対して同項の規定の適用と受けない旨の意思を表示し、かつ、その旨を主たる債務者に通知した場合には、適用しない。
六項
第一項の保証がその主たる債務について他に同項の保証があるときに行うものである場合における保証料の契約は、その保証料が同項から第四項までの規定により支払を受けることができる保証料の上限額から当該他にある保証に係る保証料の額を減じて得た金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
七項
第一項から第四項まで及び前項の規定の適用については、保証契約に関し保証人が主たる債務者から受ける保証料以外の金銭は、次に掲げるものを除き、礼金、手数料、調査料その他いかなる名義をもってするかを問わず、保証料とみなす。
一 契約の締結又は債務の弁済の費用であって、次に掲げるもの
 イ 公租公課の支払に充てられるべきもの
 ロ 強制執行の費用、担保権の実行としての競売の手続の費用その他公の機関が行う手続に関してその機関に支払うべきもの
 ハ 主たる債務者が弁済のために利用する現金自動支払機その他の機械の利用料(政令で定める額の範囲内のものに限る。)
二 弁済に用いるため主たる債務者に交付されたカードの再発行の手数料その他の主たる債務者の要請により保証人が行う事務の費用として政令で定めるもの
八項
営業的金銭消費貸借の債権者が保証契約を締結しとうとする場合において、第五条の規定の適用があるとき(これにより第一条において、第五条の規定の適用があるとき(これにより第一条において適用される利率が異なるときに限る。)、利息の天引きをするとき又は主たる債務について既に他の保証契約があるときは、あらかじめ、保証人となるべき者に対し、その旨の通知をしなければならない。この場合において、当該債権者が当該通知を怠ったときは、これによって保証人に生じた損害を賠償する責任を負う。

消費者金融借りる

消費者金融借りる
消費者金融でお金を借りる

カードローン(Card Loan)とは、銀行及び協同組織金融機関が行う資金の貸付け(ローン)の一つである。銀行又は協同組織金融機関が発行するカードを利用するローンである。

利息制限法 九条(保証がある場合における利息の制限の特則)
一項
前条第一項の保証料の契約後に債権者と主たる債務者の合意により利息を増加した場合における利息の契約は、第一条の規定にかかわらず、増加後の利息が法定上限額から保証料の額を減じて得た金額を超えるときは、その超過額について、無効とする。
二項
前条第一項の主たる債務について支払うべき利息が変動利率をもって定められている場合における利息の契約は、第一条及び前項の規定にかかわらず、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 前条第二項第一号に掲げる場合 特約上限利息額
二 前号に掲げる場合以外の場合 法定上限額の二分の一の金額
三項
前条第四項の規定の適用がある場合における主たる債務に係る利息の契約は、第一条及び前二項の規定にかかわらず、その利息の契約は、第一条及び前二項の規定にかかわらず、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 前条第二項第一号に掲げる場合 特約上限利息額
二 前号に掲げる場合以外の場合 法定上限額の二分の一の金額

金融書籍

金融書籍
金融関係の書籍の紹介をしています。

クレジットカード(英語: Credit card)とは、商品を購入する際の決済(支払)手段の一つ。又は、契約者の番号その他が記載され、及び記録されたカードである。英語: creditとは、後払い、つけ払いのこと。分割払い機能をもつものを、クレジットカード、一回払いのものをチャージカードと呼ぶこともある。

出資の受入れ、預かり金及び金利等の取締に関する法律 一条(出資金の受入の制限)
一項
何人も、不特定且つ多数の者に対し、後日出資の払いもどしとして出資金の全額若しくはこれをこえる金額に相当する金銭を支払うべき旨を明示し、又は暗黙のうちに示して、出資金の受入をしてはならない。

買取サービス

買取サービス
買取サービスの紹介をしています。

金融(きんゆう、英: finance)とは、一般に、資金余剰者から資金不足者へ資金を融通することをいう。歴史に残る金融は合理化の手段である。したがって合理的に解釈すれば、ここにいう不足とは絶対量のそれではなく、単純に資金需要を指すことになる。

出資の受入れ、預かり金及び金利等の取締に関する法律 二条(預り金の禁止)
一項
業として預り金をするにつき他の法律に特別の規定のある者を除く外、何人も行として預り金をしてはならない。
二項
前項の「預り金」とは、フ読廷かつ多数の者からの金銭の受入れであって、次に掲げるものをいう。
一 貯金、貯金又は定期積金の受入れ
二 社債、個人金その他いかなる名後をもってするかを問わず、前号に掲げるものと同様の経済的性質を有するもの

FX口コミ

FX口コミ
FXの口コミを投稿することができる掲示板などです。

金融市場(きんゆうしじょう、financial market)とは、資金の貸借取引が行われる場、あるいは資金需給が調整される場(市場)ないし過程のことをいい、金利はそこに成立する価格のことをいう。

出資の受入れ、預かり金及び金利等の取締に関する法律 五条(高金利の処罰)
一項
金銭の貸付けを行う者が、年百九・五パーセント(二月二十九日を含む一年については年109.8パーセントとし、一日当たりについては、0.3パーセントとする。)を超える割合による利息(債務の不履行について予定される賠償額を含む。以下同じ。)の契約をしたときは、五年以下の懲役もしくは千万円以下の割合に処し、又はこれを併科する。当該割合を超える割合による利息を受領し、又はその支払を要求した者も、同様とする。
二項
前項の規定にかかわらず、金銭の貸付けを行う者が業として金銭の貸付けを行う場合において、年二十パーセントを超える割合による利息の契約をしたときは、五年以下の懲役もしくは千万円以下の罰金の処し、又はこれを併科する。その貸付けに関し、当該割合こ超える割合による利息を受領し、又はその支払を要求した者も、同様とする。
三項
前二項の規定にかかわらず、金銭の貸付けを行う者が業として金銭の貸付けを行う場合において、年109.5パーセント(二月二十九日を含む一年については、年109.8パーセントとする。)を超える割合による利息の契約をしたときは、十年以下の懲役もしくは三千万円以下の罰金に処し、又はこれを陛下する。その貸付けに関し、当該割合を超える割合による利息を受領し、又はその支払を要求した者も、同様とする。

FX情報

FX情報
FX情報掲示板などです。

金融商品(きんゆうしょうひん、英: financial instruments)とは、一般に、金融取引における商品を漠然と指す。

電子記録債権法 一条(趣旨)
この法律は、電子記録債権の発生、譲渡等について定めるとともに、電子記録債権に係る電子記録を行う電子債権記録機関の業務、監督等について必要な事項を定めるものとする。

FX掲示板

FX掲示板
FXの掲示板などです。

金融資産(きんゆうしさん、英: financial asset)とは、企業会計においては、現金預金、受取手形、売掛金及び貸付金等の金銭債権、株式その他の出資証券及び公社債等の有価証券並びに先物取引、先渡取引、オプション取引、スワップ取引及びこれらに類似する取引により生じる正味の債権等。

電子記録債権法 二条(定義)
一項
この法律において、電子記録債権とは、その発生又は譲渡についてこの法律の規定による電子記録(以下単に「電子記録」という。)を要件とする金銭債権をいう。 二項
この法律において「電子記録債権記録機関」とは、第五十一条第一項の規定により主務大臣の指定を受けた株式会社をいう。
三項
この法律において「記録原簿」とは、債権記録が記録される帳簿であって、磁気ディスク(これに準ずる方法により一定の事項を確実に記録することができる物として主務省令で定めるものを含む。)をもって電子債権記録機関が調製するものをいう。
四項
この法律において「債権記録」とは、発生記録により発生する電子記録債権又は電子記録債権から第四十三条第一項に規定する分割をする電子記録債権ごとに作成される電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子的計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下同じ。)をいう。
五項
この法律において「記録事項」とは、この法律の規定に基づき債権記録に記録すべき事項をいう。
六項
この法律において「電子記録名義人」とは、債権記録に電子記録債権の債権者又は質権者として記録されている者をいう。
七項
この法律において「電子記録権利者」とは、電子記録をすることにより、電子記録上、直接に不利益を受ける者をいい、間接に不利益を受ける者を除く。
八項
この法律において、「電子記録債務者」とは、電子記録をすることにより、電子記録上、直接に不利益を受ける者をいい、間接に不利益を受ける者を除く。
九項
この法律において「電子記録保証」とは、電子記録債権に係る債務を主たる債務とする保証であって、補償記録をしたものをいう。

金融投資

金融投資
金融関係の投資サイトなどです。

金融理論におけるデリバティブ(英: derivatives)とは、より基本的な資産や商品などから派生した資産あるいは契約である。金融派生商品(英:Financial derivative products) とも言われる。

電子記録債権法 三条(電子記録の方法)
電子記録機関が記録原簿に記録事項を記録することによって行う。

キャッシング一覧

キャッシング一覧
キャッシングサイトの一覧です。

カードローンは、金融機関が指定する者(以下「保証会社」)が保証(機関保証)するため、保証人は不要であるが、申込の際は金融機関及び保証会社の両社が審査を行うこととなる。また、審査の結果、保証会社の保証が受けられない場合は、カードローンを利用することはできない。万が一、延滞や貸倒が発生した場合は、保証会社が金融機関へ代位弁済し、保証会社が債務者へ債権回収することとなるので、この場合、保証会社から直接借入れて延滞したものと同等の取立てに遭うこととなる可能性もある。

クレジットカード一覧

クレジットカード一覧
クレジットカードなどの一覧です。

クレジットカード限度額
通常、使用者の属性に応じてカードごとに利用限度額が定められており、日本では一般カードで5万?50万円、利用実績などによっては50万円超?100万円程度、富裕層を対象としたゴールドカードでは50万~300万円程度となっており、属性や利用実績などによって開きがある。諸外国のカード会社では、限度額を月給のX倍相当額迄などと設定しているケースもある。

Link

Page